MENU

出会系を使っていて脅迫・恐喝されたらどうすればいい?

出会系などのコミュニケーションを使ったことがある人はわかると思いますが、恐喝や脅迫を受けたというケースがあります。

 

もしも自分の身に降りかかったら、焦って慌ててしまうと思いますが、恐喝や脅迫などを受けた時に対処法について説明していきます。

 

 

恐喝の種類について

出会系などの恐喝では、恐喝してくる人によって種類が異なりますので、1つ1つ見ていきましょう。

 

〇出会系から恐喝される場合

出会系から恐喝される場合は、悪質な出会系によく起きます。

 

この場合は、「違法な画像をアップロードした」「援交を要求するメールを送った」などしたと、罰金や損害賠償、慰謝料、示談金などの名目で、金銭を要求してきます。

 

 

〇出会系で知り合った人から恐喝された場合

出会系で知り合った人から恐喝された場合は、金銭を要求している場合以外にも、連絡を切ろうとしたら脅されたり、家や会社まで行くと言われる場合もあります。

 

多くの場合、個人情報を漏らしたり、実際に会うことで、被害状況が悪化しています。

 

悪い男1

 

恐喝の手口は?

 

〇写真を送ったら恐喝された

相手に「裸の写メを送ってほしい!」と言われ送ってしまった場合、問題が起こってしまいます。

 

例えば、相手は出会系とグルで、運営側から「裸の写メを加工しないで、アプロードした。これは罪になるので、このままだと警察に報告しなければいけませんが、金銭を払えば、対処出来ます。」というような内容の連絡が来る場合があります。

 

他にも、「卑猥な写メが送られてきて、不快に思っています。訴訟を起こそうと思っていますが、示談が良いのであれば、お金を払って下さい。」というような内容の返信が来る場合もあります。

 

 

 

〇出会系で知り合った女性と会ったら恐喝された

出会系で知り合った女性と、実際に会うという人も少なくないと思います。

 

普通の女性であれば、何の問題もありませんが、会うのを利用して金銭を要求してくる場合もあります。

 

今まで起こった事例では、車で出かけていたら女性が寝てしまって起こそうとして触れたら、「勝手に触れられた!警察に行く。警察に言われたくなかったら慰謝料を払って!」とか、

 

18歳以上と聞かされて、金銭を受け渡すことで性行為をしたら、実は「私は18歳未満です。警察に訴えられたくないならお金を払ってください。」というようなことが起こっています。

 

これは美人局に似ているパターンと言っていいでしょう。

 

 

 

〇出会いでやり取りをしている男性から恐喝される

これは女性が出会系を使い、知り合った男性とやり取りをしていて、怒るトラブルです。

 

やり取りをしている中では、性格が合わなかったから連絡を辞めようとすることがあると思います。
そうなった時に、「連絡を切ろうとするなら、殺す!知り合いにヤクザがいるからお前を殺すなんて簡単だ!」などと脅して、怖さからやり取りを辞めることが出来ないということが起こっています。

 

更に個人情報が漏れていると余計に対応が大変です。

 

この他にも、会社や家の住所を教えてしまって、「会ってくれないと会社に連絡する」などと脅してくる場合もあります。

 

このように手口が色々ありますが、自分がやったことだから金銭を払ったり、相手に会うと恐喝や被害が悪化してしまうので注意してください。

 

つい焦ってお金を払ってしまうこともありますが、恐喝なので絶対に支払わないで!

 

 

 

もしも恐喝にあってしまったら?

 

〇警察や消費者センターに相談

悪質な恐喝の場合は、警察や消費者センターに相談するのが1番の対処法です!!

 

相手が「殺す」「お金を払わなければ、会社に連絡する」などと言ってくるのは脅迫になるので、警察に1度相談してみるといいでしょう。

 

女性キャラ4

でもそこまで大事でない内容なのであれば消費者センターに相談して下さい。

 

相談するのであれば、客観的な事実、メール内容などの証拠をして、常識的な対応をすることが大切です!

 

助けてくれるのが当たり前と思うのは辞めて、協力してくれたことに対して感謝し、お礼を言わなくてはいけません。
助けてもらっている側なので、これをするのは当然のことです!

 

1人で解決しようと思うとなかなかうまくいかないし、逆に深みにはまってしまうかのうせいがあるので、警察や消費者センターに相談するようにしましょう。

 

 

 

〇無視する

個人情報を知られていないのであれば、無視するのが1番の対処法です!
知られていないのであれば、相手が会いに来る心配もありません。

 

もし連絡先を教えてしまっているのであれば、アドレスなどは変えると対処出来ます。
電話番号がわかっていても、特に悪用されることもないので問題ないです。

 

 

これらはもしも被害に遭ってしまった時の話をしてきましたが、被害に遭わない為の予防法について紹介していきます。

 

完全に予防出来る訳ではありませんが、知っておかべ恐喝に遭う確率を下げることが出来るでしょう。

 

怖がる

 

 

恐喝被害の対策について

どうしたら恐喝を防ぐことが出来るのか見ていきましょう。

 

 

〇簡単に個人情報を教えない

名前や電話番号、メールアドレスの他にも、住所あどの個人情報は、簡単に教えないようにしるのが1番の対策です!

 

知られてしまうと、相手とやり取りを辞めることが難しくなりますし、知られた連絡先を使って脅してきます。

 

個人情報をどうしても教えなきゃいけない訳じゃないので、相手を信用出来るようになってからにするなど、慎重に行いましょう。

 

 

 

〇脅されるような状況を作らない

援交など法律に触れることをすると脅される可能背が高くなってしまいます。

 

また裸の写真を送ってしまうのも脅される可能性が非常に高いのでやめましょう。

 

このような自分が後ろめたいというようなことをすると、脅されてしまう確率が高くなるので、そのような状況を作らないようにしましょう。

 

 

 

〇人通りの多い所で会うようにする

出会系で知り合った相手と初めて会う時は、必ず人通りの多い所で会うようにして下さい!!

 

人通りが少ない所で会ってしまうと、美人局などの犯罪に巻き込まれる可能性がありますし、ホテルや自宅など誘ってくる場合は、かなり怪しいし危険です。

 

金銭的なだけじゃなく、女性なら性被害に遭ってしまう可能性もあるので十分注意しなくてはいけません。

 

簡単に考えてしまうのではなく、考えからや意識を変えることで、被害を防ぐことが出来るので、意識するようにしましょう。

 

また焦ってしまうと逆効果なので、心に余裕を持って行動するようにすることも大切です!

 

 

まとめ

出会い毛にはこれらの危険があることがわかっていただけたと思います。

 

出会系を使っている人だけじゃなく、運営側が恐喝してくる場合もあるということを知っておきましょう。また個人情報を知られてしまうと被害が悪化してしまうので、誰にでも簡単に個人情報を教えないようにしてください。

 

これらを参考にすれば、被害に遭う確率を下げることが出来ると思うので、是非参考にして被害に遭わないようにしましょう。

 

そしてもしも被害に遭ってしまったら、1人で悩んでしまうのではなく、警察や消費者センターに相談するようにしてください!

出会系ノウハウ徹底解説!

出会系サイトの口コミ&評判を解説!

このページの先頭へ