MENU

メールの長さ

出会系で知り合った人とのメールの文章の長さはどれくらいがいいのか悩んでいる人が結構多くいるのではないでしょうか。

 

メールの文章の長さは人それぞれなので、短文がいいとか、長文が良いとか言うのは難しいので、文章の長さについて見ていきましょう。

 

短文と長文どっちがいい?

先ほどもいましたが、文章の長さは人それぞれで、短文で頻繁にメールのやり取りをしたいと思っている人もいれば、長文で内容の濃いメールでメール数が少ない人もいます。

 

また短文の好む人は、相手からの返信が遅いとテンションが下がってしまいますし、長文を好む人は、相手から短文で返信してくるとガッカリしてしまう可能性が高いでしょう。

 

メールする

 

そのため、自分がやり取りをしている相手のメールの長さが短文なのか、長文なのかをしっかり知る必要があります。

 

そして相手が短文なのであれば短文で、長文なら長文で返信すると言うように相手が自分に合わせてくれればいいと考えるのではなく、自分が相手に合わせるようにしましょう。

 

また女性に合わせてもらうのではなく、男性側が女性に合わせてあげたほうが効果的だと思いますし、女性も快適にメールのやり取りをすることが出来ると思います。

 

ただ、だいたいメールの文字数は500文字以内と制限されているのでそこまで長文は送れません!また、男性の場合はあまりに短すぎるメールだとその度にポイントが消費されるので注意が必要です。

 

 

気を付けるポイントとは?

文章の長さについて気を付けなくてはいけないことがあります。
それは短文を好む人に長文で、または長文を好む人に短文で返信しないように注意してください。

 

短文を好む人に長文を送ってしまうと相手が面倒に感じてしまいます。逆に長文を好む人に短文で送ってしまうと、「あれ?話聞いているのかな?」「つまらないのかな?」と感じてしまう女性もいるので、ここだけは十分に注意しなくてはいけません。

 

管理人5

そして「こうじゃないとダメ」と文字数に縛られてしまうのではなく、状況判断をして会話の流れやその場の雰囲気で使いわけるようにしましょう。

 

またポイント制の出会系で、極端にメールが短文でメールの数が頻繁だと、キャッシュバッカーの可能性もあるので注意したほうがいいでしょう。
もしも自分でやり取りしている相手が少しでも怪しいなと思った時は、その女性とは連絡を取り合うのは辞めて次の女性を探すようにするとポイントを無駄遣いせずに済むでしょう。

 

連絡先の交換を持ちかけた時に断る人は、キャッシュバッカーなどの可能性があるので注意してください。

 

 

まとめ

出会系で知り合った女性とのやり取りで短文がいいのか長文が良いのか悩んでいた人が結構いたと思いますが、自分は短文だから誰でも短文で返すとか固定するのではなく、相手が短文派なのか長文派なのかで使い分けていくといいでしょう。

 

短文の人に長文で返したり、長文の人に短文で返してしまうと不快に難じてしまう人もいるので、十分に注意しましょう。
女性が男性に合わせるのではなく、男性が女性に合わせてあげると女性が快適にやり取りすることができ効果的だと思うので是非実践してみてはいかがでしょうか。

出会系ノウハウ徹底解説!

出会系サイトの口コミ&評判を解説!

このページの先頭へ